国内、海外バイナリーオプションの違い

distinction

前頁の「バイナリーオプションとは?」でも少し触れましたが、短時間取引以外にも国内と海外のバイナリーオプションは違いがあります。最近では、海外サイトも日本語表記がされている場合がありますがバイナリーオプションのサイトも例外ではありません。また、サポートも日本語で行う事が出来たりするので英語の苦手な方でも気軽に利用する事が出来ます。

取り扱い銘柄の違い

国内では取り扱い銘柄は精々3~6ペアですが、海外の場合では、様々な国の通貨を取り扱っておりペア数を多く取り扱っています。経済状況により変動を読みやすい通貨などがあれば狙い目かもしれません。また、通貨銘柄以外にも金、銀、原油などの銘柄を扱う業者も存在しています。

取引時間の違い

国内の場合では、AM8:00からAM4:00くらいまで取引可能となっていますが、海外の場合では基本的に24時間稼動しています。取引方法によっては朝方はクローズしている場合もありますが、通常のHIGH/LOWは24時間取引可能となっているはずです。

入金方法の違い

国内の場合には銀行を通して入金を行うのが主流でクレジットカードを利用は認められていません。しかし、海外の場合にはクレジットカードが利用可能となっており24時間入金を行う事が出来ます。ただし、銀行による振込みの場合には即時という訳にはいかず時間を要する事が多いです。

PAGETOP